本文へ移動

歯車(増・減速機)AE診断

AE診断では、下図のように、2つのAEセンサ(ch1-ch2)を設備両端へ取り付けることで、その伝搬時間差から、AE発生位置(亀裂・損傷位置)を特定することが可能である。
歯車(増・減速機)AE診断

詳細お問合せ

品質保全・設備診断(AEシステム)  担当:杉林 
TOPへ戻る