本文へ移動

圧力容器溶接部亀裂AE診断

稼働中もしくは容器に圧力変動を加えることで発生するAEを検出し、亀裂欠陥の有無及びその進行状態(危険レベル)を評価する。

複数のAEセンサを容器側面に配置することにより、一度に容器全体を検査し、亀裂発生の位置標定が可能である。

詳細お問合せ

品質保全・設備診断(AEシステム)  担当:杉林 
TOPへ戻る