蛍光X線分析(XRF)前処理用 ガラスビード作製機

ガラスビード作製機 蛍光X線分析(XRF)前処理用

概要

Katanax K1
K1 Prime型
Katanax社ガラスビード作製装置は、蛍光X線分析(XRF)の前処理としてガラスビードを作製する装置です。サンプル,融剤,剥離剤を白金るつぼ内で加熱しながら撹拌させ、脱気後に白金モールド(鋳型)へ流し込むことで表面状態の良い均質なガラスビードを作製することが出来ます。この作製方法は白金るつぼの損傷を抑え、白金るつぼを長持ちさせるメリットがあります。

K1 Prime型は1個ずつ、X-600型は同時に6個のガラスビードを作製します。溶融方式には電気炉を採用しており、電源以外のユーティリティ(ガス,冷却水、等)を必要としません。操作はタッチパネルディスプレイで行い、溶融条件はプログラム可能で本体に保存することも出来ます。
Katanax K2
X-600型
またK1 Prime型、X-600型ともにテフロンビーカーを使用した難溶解性サンプルの前処理装置として、酸性のサンプル溶液の調製にも使用出来ます。

Katanax - Ultimate fusion fluxer

Ⅰ.白金るつぼ,白金モールド 
Ⅱ.作製イメージ
Ⅲ.ガラスビード

特徴

K1 Prime型 X-600型
ガラスビード作製数1個ずつ1~6個ずつ
5-7 / hour24-30 / hour
温度範囲20~1150℃150~1200℃
攪拌方式ロッキング(揺動)ロッキング(揺動)
電圧 110-127 VAC
220-240 VAC
50-60 Hz
220-240 VAC
50-60 Hz
電力(最大)1200W3000W
寸法 高: 395mm
幅: 275mm
奥: 585mm
高: 480mm
幅: 910mm
奥: 480mm
重量 30kg 43kg
対応サンプルセラミックス,鉱物,セメント,スラグ,土壌,等

詳細カタログお問い合わせ

詳細カタログご希望の方は当社までご連絡願います。

本社営業一部第一課 担当:吉澤
    h_yoshizawa@seishin-syoji.co.jp