本文へ移動

熱風炉のSCC欠陥検出AE診断

溶接部のSCC亀裂が進展、もしくは存在する亀裂に応力が与えられた場合(AE検査時に応力変動操作)に、AEが発生する。

複数のAEセンサを設置し、対象箇所(範囲)を囲む形でAE計測することにより、存在するSCC欠陥の危険レベルや、その発生位置を標定することができる。

一度に広範囲を検査できるため、危険度の高い欠陥位置の早期発見に有効である。
熱風炉のSCC欠陥検出AE診断
TOPへ戻る